≪特集ページ≫ボカロをメインに活動するオリジナル曲クリエイター「マエストロ Tacky」

YouTubeで、クオリティの高いオリジナル曲を発信しているマエストロTackyについて、リリース曲の紹介(Self liner note)やprofile・最新情報など

Tackyのオリジナル曲「ブレないココロ」生歌バージョン
動画チャンネル登録100人突破記念作品の生歌版楽曲「ブレないココロ」

What’s New

生歌コラボ「言い訳が雨に濡れている」(らむね74さんとコラボ)完成しました!

profile

マエストロTackyは、趣味で長年オリジナル曲を作り続け、ipadを購入したことをきっかけに、ボーカロイドでの曲作りに取り組む。完成作品が貯まってきたところで、友人のオーディオマニア百十番氏と話したところ、百十番氏も長年サイトでオーディオ情報を発信してきていたため、協力して動画制作・公開に取り組むことに。

現在(執筆時の2021年8月現在)、オリジナル曲36曲(リメイク、特別アレンジを除く)を公開し、精力的に作曲とYouTubeでの作品公開に取り組んでいる。

本サイトでは、便宜上10曲ごとに第1期、第2期、第3期というように分けて、Self liner note( 作者によるリリース曲の紹介)を掲載している。

マエストロTackyからのメッセージ

趣味でやるからには、自分が楽しまなくてはと思い、気ままに作っています。
その上で自分でオリジナル曲を作る際にいくつかの条件を設定しました。

  • 無料アプリのGaragebandとボカロの持つ機能だけで最大限可能な曲を作る。  (単純に趣味に使えるお金がないだけですけどwww)
  • 歌詞は読んで意味が理解できるものにする。  (松本隆先生を尊敬。歌詞にはかなりこだわりがあります)
  • ボカロは歌詞が聞き取れる範囲の音階とスピードで。  (イマドキの曲にはついて行けていないだけです)

せっかく、作品の解説ができる場を用意してもらったので、ぼちぼちと作品の紹介と解説ができればなと思っていますのでよろしくお願いいたします。

マエストロTackyの最新曲はこちらから

百十番のオーディオ情報発信チャンネル
2002年からWEBでオーディオ情報を発信し続けている百十番のYouTube動画チャンネル。システムのエア録音や、機材紹介に加えて、友人のオリジナル曲動画などを公開しています。リクエストいただければ、皆さんのシステムのご紹介や知りたい情報の取材も行います! 連絡先はこちら

Tackyのオリジナル曲(第1期 第1~10番)

第2期(第11~20番)はこちらから>>

第3期(第21~30番)はこちらから>>

第4期(第31~40番)はこちらから>>

第5期(第41番~)はこちらから>>

Tackyのオリジナル曲リメイク版

生歌アレンジ

チャンネル登録100人と700人そして、1000人突破の時に、記念イベントとして外部のボーカリストなどの協力を得て、生歌アレンジを公開しました。

生ならではの、迫力ある内容になっています。ぜひご覧ください!

特別版「ブレないココロ 生歌演奏バージョン」

画像をクリックしてください

特別版2「鍵 生歌生ピアノversion」

Tackyのオリジナル曲「鍵」生ピアノ生歌バージョン
画像をクリックしてください

特別版3「君の正義を振りかざせ」

Tackyのオリジナル曲「君の正義を振りかざせ・生歌スペシャル」サムネール
画像をクリックしてください

ボーカリストを募集しています!

楽曲は、基本的にボーカロイドで作っていますが、何曲か生歌バージョンもあります。

同じく趣味で、歌が好きな方、コラボしませんか!

ボカロプロデューサーとボーカリストのコラボは、YOASOBIと同じパターンですね。

常時募集していますので、興味ある方は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

コラボ実現しました

YouTube上で、素敵なボーカリストいないかなと探していたら「らむね74」さんという良い感じのチャンネルを見つけました。

そこで、さっそくコラボを申し込んだら、おそらく両者の良い点がミックスしたような宝物のような作品に仕上がりました。

両方のチャンネルで、スタイルを変えて公開しています。ぜひこちらもご覧ください!

マエストロTackyバージョン

生歌コラボ「言い訳が雨に濡れている」Tackyバージョン
「言い訳が雨に濡れている」Tackyバージョン>>

らむね74さんバージョン

「言い訳が雨に濡れている」らむね74バージョン
「言い訳が雨に濡れている」らむね74さんバージョン>>

再生回数の高いボーカロイド曲は

登場するボカロたちをご紹介

現在(2021年)自分の作品で歌ってもらっているボカロくん、ボカロさんは3名づつの6名います。少しずつ増えてきました。
それぞれに得意な曲の分野があり、その都度指名させて歌ってもらっています。
もちろん、そのままの声で歌ってもらう事もありますし、様々なエフェクトをかけて歌ってもらうこともあります。
例えば、「君のピアノが春を奏でる」と「ふたりのスキマ0%」は同じVY1というボカロさんに歌ってもらっています。ちょっと聴くと同じようには思えません。
YouTubeのチャンネルでは、面倒なので、ボカロは誰が歌っているかまでは記載してません。正直、女声2人に男声2人みたいな作品もあるので(笑)

でも、自分の作品を文句も言わずに歌ってくれているボカロくん、ボカロさんに敬意を評して、ご紹介させていただきます。(購入順)

VY1(女声)

iPad用のISOで動く「Mobile V editor」を購入すると、付属でついてくるボカロさんです。オールマイティな歌声なので、まずはVY1に歌ってもらって、曲と歌詞のバランスを見たりします。初期の作品はほとんど彼女に歌ってもらっています。クセのない声なので、バックのハーモニーとかにもさりげなく使っています。

VY2(男声)

女性の声では作品イメージが違うという理由で、購入した男声ボカロくん。
VY1の男声バージョンで声質は同じ、歌える音域が違うもの。
だから、VY1とのハーモニーはしっくり決まる。
滑舌も良いので、速いテンポにもついていける。

氷山キヨテル(男声)

ちょっと癖のある声が欲しくて購入。癖のある声は作品に彩りを与えてくれる。低音には強くちょっとハスキー。「想い出だけ輝いて」は男声2人の掛け合いで歌うことを前提に作った作品なので、VY2とのデュオをお願いした。
滑舌が弱いので、アップテンポの曲は苦手。

結月ゆかり(女声)

ロック系のパンチのある声が欲しくて購入。滑舌の良さが売りのボカロさん。
低音も高音も出るので大変重宝しています。大抵の歌はこなしますが、声は一本調子なので、様々なエフェクトをかけて歌ってもらうことをお勧めします。
俗に言う、ボカロ声とは違うので、ボカロソングと呼ばれる歌は苦手かもしれません。

初音ミク(女声)

言わずと知れたボカロの中のボカロ。ボカロさんは普通、多少調教をして声質や発声を整えるのですが、このボカロさんは、購入時から声質も発声も完成していてキャリアを感じます。いわゆる高音、ハイテンポのボカロソングが得意です。

KYO(男声)

力強く、滑舌も良いボカロくん。ロックなどを歌わせるにはちょうどいい声質です。エフェクトがかけにくい声質なので、そのまま使うことが多い。
明るい曲調にあう声質ですが、バラードとかを歌わせるとちょっとバカっぽく聞こえるのはご愛嬌。