≪特集ページ≫マエストロTackyのボーカロイドオリジナル曲 Self liner note <第6期第51番以降>

第6期(第51番~)のオリジナル曲

第1期はこちらから>>

第2期はこちらから>>

第3期はこちらから>>

第4期はこちらから>>

第5期はこちらから>>

第51番「冬の轍」

 季節に合わせてや、イベントに合わせて作品を作ることはよくある。冬に合わせたり、クリスマスに合わせたり。テーマがあると曲も作りやすい。

 今回は冬の歌を作ろうかなと思い立って作り出したのだが、全くメロディが浮かばず、苦肉の策で以前作っていた季節感と全く関係ない曲フレーズから引っ張り出してきてそれを元に作ってみた。今回の歌詞は冬のゲレンデの恋をテーマにした感じ。しかし、個人的には冬のレジャーやスポーツに興味がなく、一度も冬のゲレンデに行ったことがない。

 全てTVなどのからの情報で想像した世界。シュプールという言葉はスキーにしか使わないらしいから、今やスノボメインのゲレンデでは合わないとか。

 そんなことを悩みながら作った歌詞に「人生は一筆書き」というワードが入ってきている。これは秋元康先生がTVのインタヴューで使っていたワードで、気に入ったので引用させていただいた。ちょっと唐突な使い方かとも思ったが、どうしても使いたかったのでお許しを。

動画で楽曲再生する>>

第1期はこちらから>>

第2期はこちらから>>

第3期はこちらから>>

第4期はこちらから>>

第5期はこちらから>>

「マエストロTackyのページ」TOPに戻る>>

コメント